いつのまにか小さくなっていくベビー服

出産前にベビー服を買い揃えて、わが子の誕生を待つママは多いでしょう。ベビー服の選定も、出産前に男の子か女の子か事前にわかっていれば、色や柄に迷うことがありません。もし、出産までにわからない場合は、仕方なく男の子でも女の子でも着られる無難な色を選ばないといけないのが、ちょっと困ることではないでしょうか。また、出産してみたら意外に大きな赤ちゃんで、買っていたサイズが合わないということも考えられますので、出産前に赤ちゃんの体重がどのぐらいなのかを確認しておくといいでしょう。初めての赤ちゃんとなると、あれも着せたい、これも着せたいなど、前々からのママやパパの夢や願望などあって、高価なブランド品を買ってしまったり、早々にベビー服をたくさん買い込みすぎてしまうこともよくありがちです。せっかく買い揃えていたのに、赤ちゃんがすくすく育っていくので、すぐにベビー服が小さくなっていくのが、うれしい気持ちもあるのですが、少しの期間しか着れなかった場合は、ちょっと悔しいような気分になるかもしれません。

ベビー服の値段もさまざまですが、かなりの出費になることは、覚悟しておかなければいけません。高価なブランド品ばかり買い揃えてしまうママもいますが、後々オークションサイトなどを利用して売るという、ちゃっかりママもいるでしょう。しかし、赤ちゃんはミルクを吐いたり、こぼしたりすることが多いので、よく気をつけないとシミになったりすることもよくあります。特別なシーンのみ着させるなど、よく考えてから購入したほうがいいでしょう。また、赤ちゃんの肌はデリケートです。肌触りの悪い素材を避けるために、購入前に衣類の素材や肌触りをチェックすると良いでしょう。ちょっと値段が高めになりますが、オーガニックコットンなど自然素材で、赤ちゃんの肌に優しいベビー服を購入するのもお勧めです。赤ちゃんは、月齢が進むほどに体重も増え、体格もしっかりしてきます。同じサイズのベビー服を事前に大量購入するよりは、赤ちゃんの体重や体格を確認しながら、少しずつ買い足していったり、バーゲンやセール時期に、大きめのサイズを買いおきしておくといいでしょう。少しは家計の負担を避けることができます。毎日の育児に追われて、あっという間に大きくなってしまい、いつのまにか小さくなってしまった衣類を整理していく頃には、こんな小さい時期もあったのだなと感じてしまうはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*