秋に誕生する赤ちゃんのためのベビー服

はじめて赤ちゃんを迎える場合には何かと用意しなくてはならないものがあり大変です。用意しなければならないものにはベビー服もあります。1年間で30㎝ほど身長が伸び、体重も3倍ほどになる赤ちゃんの成長はとても早いですがその時々に合ったベビー服を選びたいものです。特に新生児期は大人のようにうまく体温調節をすることができないのでその季節ごとに揃えなくてはならないベビー服は異なってきます。ここでは9月から11月の秋に生まれてくる赤ちゃんに揃えたいベビー服について見ていきます。秋は夏が終わり暑さが落ち着き、冬に向けて寒さが増す時期でもあります。ですから日中と夜との寒暖差が激しいことがありどのような服を選べばいいのか難しいです。上手に体温調節を行うためには、重ね着などをさせて対応するのがいいでしょう。まず揃えておきたいものとしては肌着があります。

肌着には短肌着、長肌着、コンビ肌着というものがあり、短肌着と長肌着、短肌着とコンビ肌着のような組み合わせで着せるといいでしょう。短肌着は5・6枚用意し、10月以降に生まれる場合には長袖のもので通気性の良いものを揃えましょう。長肌着は短肌着の上に重ねて着せるもので1・2枚あると保温の役割を果たし便利です。コンビ肌着は足元の裾の部分が二股に分かれておりボタンで留めることができるようなタイプの肌着で長肌着と同様に短肌着に重ねて着せます。足をバタバタと動かしてもはだけないので便利です。長肌着を何枚用意するかによって用意する枚数は異なりますが、4・5枚あると便利です。短肌着の代わりとしてボディスーツというお尻の下までの丈の長さで、お尻の下でボタンを留めることができるタイプのものです。デザイン性の高いものも多いのでアウターやボトムと合わせることができますので外出用に1・2枚持っていると便利です。肌着の上に着用する普段着としてツーウェイオールやカバーオールを用意しておくといいでしょう。カバーオールは足首までの長さがあり足元をボタンで留めることができるようになっている洋服です。足の動きが活発になる時期に着せたいものですから1・2枚用意しておきたいです。

ツーウェイオールは足元でボタンを留めるとカバーオールにもなりますし、ボタンを留めないとワンピースにもなるタイプの服です。長く使うことができるので大きめのサイズのものを2・3枚用意しておくといいでしょう。普段着として使うカバーオールの上に寒さに備えてアウターとしてカーディガンやベストを2・3枚用意しておくのも忘れないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です